FC2ブログ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
アクセスカウンター
ポチッとお願いいたします。

エディット
バックナンバー

大メバル釣りました。

日付 2018/01/27

天気 晴れ

曜日 土曜日

風 弱風

気温4度~6度

時間帯 16:30~19:00

潮 長潮

服装 ヒートテックEX/ヒートテックEX フリース/フリース/ファインメリノ
/薄手のダウン/厚手のダウン/オムニジャケット(とても寒い。)

仕掛け 市販のカサゴ浮き釣り仕掛け ハリス1.5号 針チンタ9号
錘負荷3号浮き  錘2号 

餌 極太1パック(十分)

棚 底

釣果 カサゴ/大メバル


kasago_20180127210429960.jpg

カサゴはだいぶ居る様子ですが餌を食いこみませんでした。


28_20180128203745a0d.jpg


餌を買って現地に着くまで
1時間半掛かりました。
土曜日は混みますね。

潮はかなり早く左から右へ
流れている。
実際に投げてみると
右へ流れる上に手前に
戻ってきてしまう潮でした。

まあカサゴ狙いなので
手前2~5m位の所に投げているので
潮はある程度流れている方がよいのですが。

17時頃には辺りは暗くなり
電気浮きが綺麗に光ります。
モゾモゾッと浮きが中途半端に沈みますが
少し待たないとばれてしまいます。
何度も早合わせしてしまい
チャンスを逃しました。

しかし慎重に待ちすぎると
餌をくわえて岩陰に隠れるので
根掛かりの原因になってしまいますので
どこで合せるかが重要な要素となってきますね。

モゾ~と電気浮きが消し込みます。
タイミングを見計らって合わせると
掛かりました。でも重量感たっぷり。
水面まで寄せましたがあえなくハリス切れ。

次の当たりも同じように浮きを見て
完全に沈み込んだ時に合わせると
ゴンゴンとカサゴ特有の引き。
20cm行かないくらいのカサゴが釣れ
ホッと一息。

そして
電気浮きがまず潮に流されなくなります。
次に浮きの先端部分が少し出ている程度になります。
水面下ではモヤ~っと赤い光が見える程度になり
さらに消し込んだ所で合わせます。

とカサゴにしてはかなり元気が良い。
グングン!
最初にハリス切れがあったので
慎重に水面に寄せます。
そしてゆっくり上げてみると30cm近い大メバルでした。

その後は当たりは有るものの相当な寒さで
大メバルも釣れたこともあり帰宅する事にしました。
寒かったなぁ。
次回も電気浮きだな。
スポンサーサイト