FC2ブログ
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
アクセスカウンター
ポチッとお願いいたします。

エディット
バックナンバー

イカ狙うもタコが来た!

日付 2015/4/26

天気 晴れ

曜日 日曜日

場所 川崎市某所

風 微風

気温 13~18度

時間 4:30~10:00

服装 ヒートテック2枚/パーカー/フリース/
    
仕掛け シリヤケイカ仕掛け エサ巻エギ Mサイズ/キビナゴ2匹付
     浮き5号負荷、ハリス2号、錘3号
 
餌 キビナゴ2パック

人 20人位 

潮  小潮

棚 底

釣果 タコ 3kg


bigtako.jpg

グロステクですね~。

madako.jpg

60cm以上はありました。ハリスは何と2号、よく切れなかったなと思います。

kibinago.jpg

毎度おなじみの冷凍キビナゴ!今回は2匹付けていました。



次の日に釣りの予定があると、
寝つきが悪く睡眠不足な1日となってしまいます。
今日も例外なく睡眠時間3時間とやはり睡眠不足でした。

3:30起き4:00出発、餌屋により現地に着いたのは5:00。
いつものようにルアーマンが多数いらしゃいました。
当然、シリヤケの浮き流し釣りはできなく、
手前でちょこちょこやっていました。

7:00頃になると、時合が終わったのか、
ルアーマン達は居なくなっていきました。

早速、浮き流し釣りを始めましたが、浮きと錘、エギのバランスが悪く、
思うようにいきません。というのも、エサ巻エギをネットで購入したのですが、
Mサイズを買ってしまった為、浮きもそれに合わせる事になってしまいました。
仕方なく3号負荷の浮きを購入したのですが、それでも浮きは潜ってしまいます。

結局試行錯誤した結果、5号負荷の非自立浮きを使用して、流していく事にしました。
しかし、潮が早くなったり、向きが逆になったりで、水面下でのエギ はどうなっているか、
全く想像もつきませんでした。案の定、根掛り連発でエギを3つもロストしてしまいました。

今度は小さい物を買おうと思います。使いやすいのはやはりSサイズですよね。
浮きも2号負荷のもので、1号のサルカン付き錘にハリス2号を一ヒロ、
このシステムが標準だと勝手に思っています。

今日は、もう仕方がないので、5号負荷の浮きを使ってやっていましが、
餌が食われた跡が残っている事が、2、3回ありました。
どうやら棚がうまく取れていない様でした。
何度も棚を変えているうちにもう面倒になってしまい、
根掛り覚悟で底をズル引きさせる事にしました。

何とか1匹!と思い結構粘りましが、イカは釣れてくれませんでした。
もう何かが1匹釣れればいいやと思い、のんびり当たりを待っていると、
浮きが沈んだままになっていました。
ま~また根掛りかと浮きを浮かせようとしましたが、
浮いてきません。あれ~とか思っていました。

右に流れてきたから、左にラインを引っ張れば抜けるなと思い、強引に左に引っ張ります。
すると何か違和感があります。根掛りなのに何とかリールが巻けるのです。
でかいイカかもと思い、途中から慎重にリールを巻き、竿の弾力を利用して、
正体を暴きにかかります。謎の生物を岸まで寄せると、隣でやっていたM氏が、
「タコだー。でかい!」と言いました。
ハリス2号でよく持ったなと思います。
自分ではタモ入れができる状態でなく、M氏にやっていただきました。
僕のタモでは、入りきらないサイズでした。
多分1人でやっていたらバラしていた事、間違いなしです。

タコを釣ったのも初めてでしたし、こんなサイズももちろん初めてでした。
今後も釣れることはないでしょう。

餌も底を尽き始めたので、これを機に、上がる事にしました。
来週もこんな今日みたいな天気だといいですね~。
スポンサーサイト