FC2ブログ
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
アクセスカウンター
ポチッとお願いいたします。

エディット
バックナンバー

良型アジばらしましたが、小サバが釣れました。

天気  雨時々曇り

曜日 日曜

場所 川崎市某所

風  北5m程度

気温 18度位

服 100円カッパ/サマーコーデュロイ/半袖T/ロンT/ブーツ /ゴアテックスjkt

時間 4:00~10:00

仕掛け サビキ ハリス1号 針6号 青イソメの細切れ付き

餌 コマセ2kg/青イソメミックス1パック

人 5人 

潮 若潮

棚 底から50cm位

釣果 小サバ(20cm~25cm位)

saba1_20140608122737643.jpg

sabasu.jpg


早朝3:00に家を出ましたが、車を50m程走らせた瞬間、
バケツをひっくり返した様な豪雨に見舞われました。
家へ引きかえし、しばらく車の中で様子を見ていました。

すると15分後位には、普通の雨になったので、
ウェザーニュースの天気予報を信じ、出発しました。

餌屋さんでは、青イソメ2パック買おうと思っていましたが、
何となく1パックで足りそうな気がしたので、コマセと1つずつ購入しました。

現地に着くと、まさに工事が始まっているようで、
重機や鉄筋、敷地割り振りでしょうか?
あちこちロープが張り巡らされていました。

今日はこのことより、天気が気になってしまい、終始落ち着きませんでした。
ただ大雨に見舞われなかっただけ良かったです。

早速仕掛けを投入するも、魚の活性が高い時は、
すぐに当たりがあるのですが、反応ありません。
すかさず青イソメの細切れを付けました。
すると竿が大きくしなりました。ゆっくりとリールを巻いてくると、
30cmはあろうか、大型のアジでした。
しかし正体は見れたものの、食いあげていたので、
簡単に針から外れてしまいました。

このあとは、全く反応がなく、
たまに小魚が青イソをつついたような細かな当たりがある程度でした。

5:00が過ぎ、6時も過ぎ、
アジが釣れる時間がどんどん過ぎていきました。
仕方がないので、もう1本竿を出し、
当たりを待ちます。
すると新しく出した竿の方に当たりが!

しかしアジとは違い、縦横無尽に突っ走ります。
上げてみると小サバのペアでした。
この後もそこそこ小サバが釣れ、12匹位でしょうか、
20~25cmのちょっと大きめな小サバがボーズから救っていただきました。

仕掛けをほどいている間に群れは去ってしまったようで、
また沈黙の時間が過ぎていまきました。

仕方がないので、投げサビキをセットし、投入ました。
当たりはあるのですが、針に掛かりません。
青イソを付けているせいでしょうか?

と浮きがピクピクと反応しています。
上げてみると、今度はヒイラギでした。
その後は、反応ないので、帰宅しました。

来週は、満潮の時間と夜明けが重なりそうなので
是非行きたいと思っています。
青イソを1つずつ付けていくより、
トリックの方が、手返しがよく、食いも良さそうなのでトリックは重要ですね。

あと今日はベテランさんがタコを5匹も釣っていました。
2時間位の間でしょうか。
今年はタコの当たり年のようです。
竿は船でイナダやワラサを抜き上げるほどの強力な竿でないと折れてしまうみたいです。
スポンサーサイト