FC2ブログ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
アクセスカウンター
ポチッとお願いいたします。

エディット
バックナンバー

夜明け前のアジ入れ食い!川崎某所にて

天気 晴れ

曜日 日曜

場所 川崎市某所

風  微風

気温 16度位

服 ポロシャツ/ロングT/フリース

時間 4:30~7:30

仕掛け サビキ ハリス1号 針6号 青イソメの細切れ付き

餌 コマセ2kg/青イソメミックス350円位

人 20人位(ルアーマン含む)

潮 大潮

棚 底から1m

釣果 マアジ16匹


aji3.jpg

15~20cmの良型でした。


aji5.jpg

こうなって....。

aji4.jpg

こうなりました、アジのたたきです。


前日いつも餌を買う釣具店へ電話で今のアジの状況を聞いてみました。
釣れるけど、暗い内に釣れているよ、
サビキには青イソメの細切れやオキアミを付けた方が良いよとの事でした。
しかし2:00に家を出て、3:00実釣というのはかなりハード。
まあ起きれたら行ってみるかと思い、眠りにつきました。

携帯の目覚ましがなりますが、既にもう3:00。
こりゃ出遅れたなと思いましたが、急いで現場に向かいます。
餌屋で青イソメとコマセ2kg買い、状況を聞くとまだ釣れる時間帯ですよとの事。

4:00現地到着。
辺りは明るくなり始めています。
やはり2:00頃家を出たほうが良さそうです。

早速ピンクスキンのハリス1号、針6号の青イソメ、細切れ付きを足元に投入。
するといきなり2号の竿が絞り込まれました。
上げてみると良型のアジ。さらにまたアジ。コマセを切らすとあっという間に、
釣れなくなってしまいます。コマセを急いでカゴに入れ、
仕掛けを投入。また20cm前後のアジ。1匹ずつですが、
ほぼ入れ食いです。もっとコマセを撒いていればもっと釣れたでしょう。

あとは青イソメの細切れが動かなくなったら交換しないと、
食ってきません。面倒ですが、一応付け替え付け替えやっていました。

結局、アジ15~20cm前後のアジが16匹位釣れました。
竿が水面に突き刺さる事もあり、かなり楽しめました。

さてこのアジどうするか?
煮込むか焼くか、刺身か。
刺身が1番旨いから刺身にしようと3枚におろしますが、
身がうまく取れません。さてどうするか。

そうだ!たたきにしよう。
皮を剥ぎ、内蔵を取り、ゼイゴも取り、背びれも切って、刺身状態にします。
これ簡単に包丁を入れ、身を小さくします。
そしてある程度、骨を抜き、身を叩きまくります。

出来上がった叩きは丁度、お昼だったので、おかずにし食べました。
純粋に美味しかったです。今後アジが釣れたら叩きが良さそうです。
次回は暗いうちからランプを持ってやってみようと思います。
スポンサーサイト