FC2ブログ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
アクセスカウンター
ポチッとお願いいたします。

エディット
バックナンバー

西公園でソウダが釣れた!

天気 曇り時々晴れ


風 北風2〜4m(追い風で釣りやすい)


場所 西公園


時間 6:00〜11:00


仕掛け ハヤブサ ピンクスキン ハリス5号 針6号 (刺し餌付き、針2本カット、吹き流し)


     /トリック ハリス1.5号 針6号 下かご


潮 長潮


人 50人位


棚 3m


釣果 ソウダガツオ1本 バラシ1本 /トリック 海タナゴ、小メバル




 



雨の降る確率も低いし、風もないようなので、 


釣れなくてもいいや、のんびりしようと思って現地へと向かった。 


早速仕掛けを投入するが、いつものように当たりはない。 


何回か投げてみるが、無反応。


しばらくするとやっと浮きが消し込むが、何故か掛からない。


西公園の水深が浅いせいで、魚が食いあげることが多いのか。


よくあることである。こんなことは、日常茶飯事だ。


 


ここで思ったのが、吹き流し式のサビキ。


市販のサビキ仕掛けから、上2つを切ってしまう。


そして残った3本の針に付け餌をつける。


後は浮き止めの位置を仕掛けの分深くする。


投げた時に、からまる心配もほぼなくなり、


思いっきり投げられる。


 


しかし当たりはない。やはり青物は終盤か。


沈まない浮きを見ていても仕方ないので、


トリックで子メバルや海タナゴなどを釣って


モチベーションを高める。


 


とトリックに夢中になっていると、置き竿が持ってかれそうになっている。


直ぐに竿を持ってリールを巻くと、なんだか軽い。ばれたか。


手前まで持ってくると、30cmあるかないか位のソウダだった。


 


今月の某釣り雑誌に掲載されていた西公園。


記事通り運よくイナダなど釣れないかと思っていたが、とんでもなかった。


今回は、ソウダ1本、子メバル、海タナゴ多数という結果になってしまった。



スポンサーサイト