FC2ブログ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
アクセスカウンター
ポチッとお願いいたします。

エディット
バックナンバー

まだ釣れます!ソウダガツオ。


 


天気 曇り時々晴れ


風 南5m〜6m(追い風だが釣りずらい)


場所 神奈川県某所


時間 9:00〜12:00


仕掛け ハヤブサ ピンクスキン ハリス5号 針6号 (刺し餌付き)


潮 中潮


人 10人位


棚 4.5m


釣果 ソウダガツオ3本 バラシ2本


 



ウェザーニュースの天気予報では、900頃まで雨が続くとの事で、 


現地に到着したのが、調度900とわりと遅めの出動。 


今回は青物が渋めになってきているとの情報で刺しエサを購入し持参。 


 


1投目、当然の様に当たりはない1時間位コマセを詰め、餌を付けの作業を続ける。 


しばらくすると、周囲で「入った!」と声が上がる。岸から30m位投げた所で当たりが出始める。 


上がってきたのは、丸々としたソウダガツオ。35cm位か。 


 


そのうち僕の浮きも消しこんだ。グッと合わせるとソウダが掛かった確かな感触。


太ハリスの利点を最大限活用し、竿を立て強引にリールを巻く。


だが3000番のリールだと少し巻きずらい。


何とか際まで寄せ、抜き上げると、35cmのソウダガツオ。


これで棚は合った、刺し餌も間違いではなかったと確信を得る。


その後も、同じようにソウダガツオを2本上げる。




しばらく当たりがなくなるが、集中力が落ちていたのだと思う、


ぼんやり他の浮きを見ていた。そしてその浮きが消しこむ。「入った!」


そして自分の浮きに目を移すと、ない


掛かった!慌ててリールを巻き、合わせるが遅すぎた。


合わせた瞬間にからぶりの様な感覚を覚えた。


完全にばれた。


 


気を取り直して仕掛けを投げるが、当たりがなかなか出ない。 


時間は1130頃か。珍しく浮きがモゾモゾとしている。


風のせいか、波のせいか?それとも魚か?


注意して見ていると、期待通りに斜めに浮きが潜った。


いつものようにグッと合わせる。「よし掛かった。」


強引に際まで寄せ、一気に抜き上げようとする。


がしかし、魚は中を舞い、ポシャーン。


少し小さなソウダガツオだった。30cm位か。


 


こころなしか、南風が強くなり、釣りずらくなる。


周囲でも帰り始める人が多くなる。そろそろ潮時かな。


コマセも1ブロック、刺し餌も半ケース余ったが、


今回の釣行には満足し、帰宅した。





スポンサーサイト