FC2ブログ
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
アクセスカウンター
ポチッとお願いいたします。

エディット
バックナンバー

有馬記念09

勝ったのはドリームジャーニー。
取りましたが、7.4倍のオッズでした。
購入した馬券は、ブエナビスタから、エアシェイディ、
マツリダゴッホ、ドリ−ムジャーニー、セイウンワンダー、
ミヤビランベリの5点それぞれ100円。
武豊ジョッキーの乗るリーチザクラウンの作るハイペースな流れでレースは進みました。
これは差し馬、追い込み馬に有利な展開だなあと見ていました。

途中、菊花賞馬スリーロールスが、故障発生でドリームジャーニー、
他馬と接触する場面がありました。
種牡馬になれればいいのですが、安楽死という手段も取られる可能性もあります。
どうなるんでしょうか。

4コーナーでブエナビスタの横山騎手の手が動いていたので、
これはまずいかなと思いましたが、
早めに仕掛ける事で、中山の短い直線を有意義に使おうという意図的な動作でした。
直線では、ブエナビスタとドリームジャー二ーの一騎打ち、
大外からエアシェイディが伸びてきたので、
これはひょっとすると50倍馬券か!
と思いましたが、終わってみれば3着まででした。 
2頭の叩きあいは、ドリームジャーニーに軍配が上がり、
春の宝塚記念に続いてグランプリホースとなりました。

父のステイゴールドと同じく晩成型の馬と言われているので、
これからも注目しておくべき馬でしょう。
春の天皇賞は距離が長すぎると思われますが、
宝塚記念あたり勝つのではと思われます。
負けてなお強しの3歳牝馬ブエナビスタ2着は、
春のビクトリアマイル当たりが狙い目というか、
どのレースにでても多分1番人気でしょう。
春の天皇賞に出馬とか、無謀な使い方をしなければですが。
どちらの馬にしろ、これからが楽しみです。
スポンサーサイト