FC2ブログ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
アクセスカウンター
ポチッとお願いいたします。

エディット
バックナンバー

東扇島西公園!当たりは多いのですが。

日付 2018/07/29

天気  晴れ

曜日 日曜日

場所 東扇島西公園

風 南4m~5m位

気温 29~30度

時間帯 15:00~19:00 

潮 大潮

服装 Tシャツ/単パン/キャップ/サンダル

仕掛け ハリス5号1ヒロ 針14号 樽型錘3号 浮きハピソン電気浮き3号

餌 極太アオイソメ 2パック(ちょうど良い)

釣果 小セイゴ/豆アジ

棚 底


12.jpg

このサイズばかりです。



夕方から夜にかけての
時間帯を狙って行ってきました。
台風通過後という事でガラガラかと思いきや
そこそこ混雑していました。

たまたま竿を出せるスペースがあり
入りました。皆さんサッパや豆アジを
釣っています。

僕は明るい内はカサゴ
セイゴ何かと戯れようと思って居ましたが
セイゴも数cmの幼魚や豆アジなどばかり
しかも針ごと飲んでしまう奴もいたので
死んでしまう個体も数匹いました。
他は基本リリースです。

123.jpg


暗くなりかけたころ時合なのか
当たり連発しますが小セイゴばかり。
完全に暗くなると当たりもなくなり
暑さに体力を吸いとられたのもあり
こりゃだめだと思い上がりました。

次回はどうしよ。
.
スポンサーサイト



東扇島西公園での夜釣り!

日付 2018/07/22

天気  晴れ

曜日 日曜日

場所 東扇島西公園

風 南5m~6m位

気温 30度近い

時間帯 17:00~20:00 

潮 長潮

服装 メッシュノースリーブT/単パン/キャップ/スニーカー

仕掛け ハリス5号1ヒロ 針14号 樽型錘3号 浮きハピソン電気浮き3号

餌 極太アオイソメ (ワンパック調度なくなった) 

釣果 なし

棚 底


nishikouen.jpg

日曜日夕方17:00頃になると何とか釣りできる様スペースが空いてますね。



まだまだホームポイントに未練がありますが
お茶を濁す程度に公園で
電気浮きでのフッコ狙ってみました。

夕マズメから始めましたが、
アジやサバも釣れていないようです。
まあ何かしら釣れればいいや的な考えでした。

とまだ明るい内に浮きが消し込んでいる。
慌てて合わせますがすっぽ抜けました。
そのまま電気浮き続行。
当たりは暗くなり餌取りも居なくなりました。

しばらくすると今度はジワッジワッと電気浮きが
徐々に消し込んでいきます。
完全に消し込んだところグイッと合わせると
またすっぽ抜けましたね。

何だろう。
口の小さい魚だろうか。
しかしこの時期の夜釣りは風も吹き
涼しい位で魚のやる気もそこそこあり
楽しめますね。

これが冬だったら餌取りすら居ない事でしょう。
寒いしね。


LTアジ撃沈丸。

日付 2018/07/20

天気  曇り

曜日 金曜日

場所 根岸湾/富岡沖

風 南6m位(風裏のポイントだったのか釣りずらくはない)

気温 30度近い

時間帯 7:20~11:00

潮 小潮

服装 メッシュノースリーブT/単パン/麦わら帽子/サンダル

仕掛け ハリス1.5号2m 針9号 後ハリス1号針10号1.7M

餌 アオイソ イワシミンチ

釣果 アジ8匹

棚 底から2m~3m迄(4mまで上げるとサバの猛攻がある)


mise.jpg

3:00自宅発2番乗りでした。

fune_20180720134722b0b.jpg

シロキス/太刀魚/LTアジでした。シロギスが気になります。

aji20170720.jpg

小アジと中アジの半々ですね。

umi_20180720134728e55.jpg

同じ船宿の船が遠くに見えます。今日は満員御礼でしたね。

baruketta.jpg

カウンターがついていても期待するほどでもなかったです。


皆さんも釣れていないのかと
思っていました。

帰宅後HPを見ると
何と8~100匹となっていました。

やはりカウンター付きリールは
使いこなせないようです。

100匹釣った人がいたなんてショックです。
釣れている人は釣れているんですね。

今回は4:30着でした。
6:00を過ぎるとLTアジは満員御礼でした。
又太刀魚も凄い人でした。
シロギスは空いていました。

最初のポイントではポツポツと釣れましたが
次のポイントでは全く反応がなくなってしまいました。
カウンターの数値が怪しかったようです。
風もそんなに気にはならなかったです。

釣れないと記載する事もなくなります。
がっかり。

バルケッタBB  300HGDHについて


BB.jpg


船用リール購入。
カウンター付き。
念願のである。
シマノ バルケッタBBHGDH.
只使いこなせるのか、心配である。

バルケッタBBにPeラインを巻く方法は
説明書を見る限り4通りあるようだ。

「下巻きをしない」かつ
「これから巻き取るラインの長さが正確に分かる場合」の方法。

「下巻きをする」かつ
「これから巻き取るラインの長さが正確に分かる場合」の方法。

「下巻きをしない」かつ
「これから巻き取るラインの長さが正確に分からない場合」の方法。

「下巻きをする」かつ
「これから巻き取るラインの長さが正確に分からない場合」の方法。

説明書を見る限り自分で巻くよりも
その道のプロに任せた方が良いかもと
大手釣り具店でラインを購入し
バルケッタBBに巻いてもらおうと預ける。

ラインは東レのpe2号2000円でお釣が出る位。
リールを預けて30分。ちょっと時間掛かってるなと感じる。
見に行くとどうやら2人掛かりで
説明書を見ながらリールと格闘している様子。
1人は上司の様で直ぐにラインを巻き終わり
カウンターの設定もして頂けた。
最初のスタッフは「下巻きをしない」かつ
「これから巻き取るラインの長さが正確に分かる場合」
の設定方法でラインを巻いていたとの事。
間違いはない、合ってるんです。
しかし実際のカウンターの数値は誤差がかなりあった様子。
さすがは上司。3番目の 「下巻きをしない」かつ
「これから巻き取るラインの長さが正確に分からない場合」
の設定方法でカウンターの設定は無事成功。

何故この方法で上手くいったのかは不明である。
メーカーに寄ってラインとの相性とかがある
と言っていた気がするが確かではない。

簡単!!
後は実際に釣りをしていて設定する方法をお勉強。
一番重要な作業。0セットの設定である。
仕掛けが水面に浮いている状態でon/offボタンを3秒以上押す。
「ピピッ」のアラームが鳴ったら0セット完了。
注意としてはラインを巻きこみ過ぎない事。

高切れした場合
仕掛けを水面に浮かせ3秒以上on/offボタンを押す。
「ピピッ」のアラームな鳴ったら0セット完了。
新たに0セットを設定するだけです。簡単ですね。


難解!!
「実際に糸が出た長さと」と
「カウンターの水深表示」に誤差がある場合。

電源on確認。on/offボタンを12秒以上押す。
6秒で一旦表示が消えるがそのまま押し続ける。
「E1」と表示されたらボタンを離す。
次にボタンを4回押す。「P1」と表示されます。
ラインを正確に10M引き出す。
アラームが鳴るが気にしない。
10m引き出したらon/offボタンを3秒以上押す。
表示は水深表示画面になる。
引き出した10m分の糸を巻き取る。完了。
これが意外と難しそう。
上手くいかない場合は「Er.2」と表示されるみたい。
多分船上では無理でしょう。リールを変えた方が早そう。
一応注意点として記載しておくが多分覚えてなさそう。

補正学習(P1)のみの操作では糸巻き学習は行えない。
糸巻き学習を行う際はE1
/E2/L1/L2のいずれかのモードで使用する。
釣り場および釣行前など
カウンターのちょっとした誤差を補正した場合に使う。
必ず表示が「0.0」に合わせたい位置まで
ラインを巻きとってから補正学習を行う。

後はメンテナンス。
各部分に付着したごみを
真水に浸した布でふき取って乾燥させる。
シンナーやベンジンは使わない。
ドラグをきっちりと締め込む。
水道水をリールにかけながら、
水を含ませたスポンジで汚れを落とす。
スプールと本体の間に水をかけながら
クラッチを切ってラインを2~3m出します。
影干ししてよく乾燥させる。
ドラグを緩める。
メンテナンスは簡単ですね。
電池交換はCR2032コイン電池後で買ってこよう。

ここまでが今現在説明書からお勉強できる範囲。
船上でカウンターに誤差が出ない限り
何とか頭には入った様子。
後は実際に使ってみてだな。


LTアジ行ってしまった。

日付 2018/07/13

天気  曇り

曜日 金曜日

場所 川崎港周辺

風  -

気温 30度近い

時間帯 7:20~11:00

潮 ー

服装 半袖T/単パン/麦わら帽子/サンダル

仕掛け ハリス1.5号2m 針9号

餌 アオイソ イワシミンチ

釣果 アジ31匹

棚 底から2m~4m迄(広範囲)


aji31.jpg

アベレージ25cm位船釣りにしては小さいな。

garagra.jpg

ガラガラ、5名程で出航でした。


航程15分程で釣り場へ到着。
川崎新堤防の外側でした。
クロダイ釣り師が1名堤防の上から
こちらを見ています。


shinstei.jpg


何はともあれ仕掛けを投入!
棚は底から2Mとの指示。
するとすぐにグググッ!という反応。
これアジかと思う程。
水面にビシが見え魚影を確認。
ダブルだった。これじゃあいい引きするよなと
自分的に納得。 フムフム。

再度仕掛けを投入すると
直ぐに反応。今度はアジだな。
魚影を見るとやはり良型のアジ。

しばらくは入れ食い。
しかし仕掛けが絡まるので
余計な時間を掛けてしまいました。
これがなければなあ..。

段々と食いっけが落ち着き。
船長の合図で仕掛けを上げる。
場所移動しまーす、との事。
次のポイントでも釣れない事は
ないのですが最初のモーニングサービスが
凄すぎて面白味にかけてしまいます。

まあこれが通常通りなのですが。
次のポイントはさらに渋く型も細かい。
当たりもあるんだかないんだかわからない程。

結局最初のポイントが一番面白かったですね。
場所は新堤のちょっと先ですね。赤い堤防の先です。

本当は富岡沖へ行ってほしかったのですが
こればかりは仕方ないですね。
近場は近場でメリットありますしね。

次回はどうするかな。

himono2.jpg

一夜干しに。


ジメジメしてますね。今回はとんぼ返りでした。

日付 2018/07/08

天気  晴れ

曜日 日曜日

場所 神奈川県某所

風  南風6m~

気温 23~25度

時間帯 3:00~3:15

潮 中潮

服装 長袖T

仕掛け 改良トリック7 ハリス1.5号 針7号

餌 コマセ

釣果 -

棚 - 

釣果 なし

3:00現地着。
せっせと釣りの準備に取り掛かる。
直ぐにトリックサビキは完成。

コマセをバケツに入れあとはこすって
仕掛けを投入するのみ。
ワクワク。

しかーし。
諸事情の為急遽撤退する羽目に。
一緒にやろうと思って居たO氏は
別ポイントへ向かうとの事でした。
僕は競馬でも買おうかなと思い
帰宅しました。

次回は別ポイントへ行くか
LTアジやるか迷うところです。

アジ、数は少ないが型は良し。

日付 2018/07/01

天気  晴れ

曜日 日曜日

場所 神奈川県某所

風  南風6m~

気温 23~28度

時間帯 3:00~7:00

潮 中潮

服装 ドライT シャツ(暑いのですぐに脱ぐ)

仕掛け 改良トリック7 ハリス1.5号 針7号

餌 マルキュースーパーハードM

釣果 中アジ13匹

棚 底


hiraki_2018070109343561f.jpg

美味しくなーれ、もえもえキュン‼ www


ここ最近はアジの釣果ばかりですね。
先週は干物を作るカゴを倉庫から引っ張り出し
(100円で買ったものだが以外に使える。)
20cmオーバーのアジを2枚に開いて干した物を
焼いて父に毒味してもらった所
 「こりゃ上手いな!」と大喜び。

アジ釣り飽きてきた感がありましたが
干物を作るのに25cm位のアジ
を10匹位釣ってみたいなと思っています。
新たな楽しみができました。

今日は1:00起床、2:00出発。3:00前現地着。
調度待ち合わせしていたO氏N氏とぴったり合流。

現地へと向かうと
それなりに向かい風が吹いていました。
何はともあれトリックの準備を...。

仕掛けを投入ししばらく待つと
O氏が第1匹目を確保。
少しすると僕の竿にも中アジが掛かります。
これくらいのサイズだと空中でばれるのですが
ばれにくくする方法を発見しました。

水面からメタボアジを出す瞬間、
空いている方の手、僕の場合左手で
竿の中心部よりちょっと上を軽くもち
水面から最短距離でゆっくりというか
なるべく負荷がかからない様に上げます。
自己流なので色々あると思いますが
今日はこのやり方でバラシは1匹でした。

時刻は3:50頃だったか。
O氏が入れ食いになっている。
すると僕の竿にも当たりが
結構パワフルなアジでしたが
前述したやり方で上げる事ができました。


aji0701.jpg


ここら辺から入れパク状態!
底に仕掛けが付くと直ぐに食ってくる。
食い上げに注意しながら
(仕掛けがメチャメチャになるんですよね。)
竿先に集中します。直ぐに次のアジが掛かります。

N氏はトリックではないのですが
ぼくと同じくらいかそれ以上釣って居ました。

サバはもう居ませんね。
投げサビキやりましたが
反応なしでした。

次回も干物作りのアジ狙いですね。

ps睡眠時間をしっかりとり
帰宅時の車の運転注意ですね。
特に赤信号で停車する際
ブレーキパッドをしっかりと
踏み込んでおく意識を持つ事ですね。

***
コマセ2kg解凍19:00