FC2ブログ
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
アクセスカウンター
ポチッとお願いいたします。

エディット
バックナンバー

アジまだ居るようでしたが、

天気  曇り

曜日 金曜

場所 川崎市某所/東扇島西公園

風  微風

気温 20度位

服 ポロシャツ/ロングT/フリース

時間 3:30~8:00

仕掛け サビキ ハリス1号 針5号 青イソメの細切れ付き/トリック6号ハリス1号

餌 コマセ3kg/青イソメミックス1パック

人 ホームポイント1人 西公園50~60人は居たのでは

潮 大潮

棚 底から50cm位

釣果 カタクチイワシ大漁(全てリリース)/アジ3匹

ホームポイントへ行ってきましたが、工事が始まっているようで、
作業の邪魔になってはいけないと思い、1時間程度で西公園へ移動しました。

まだ夜明け前に竿を出したのでのですが、いきなり竿が突っ込む様な当たり。
白スキンの何も付けていない仕掛けに食ってきました。でっぷりとしたアジでした。
やはり暗いうちは良型が食ってくるのですね。


aji_2014053009503136e.jpg


その後も明るくなり、一回り小さいアジが2匹、イワシが入れ食いになりました。
しかし、作業が始まる前に上がらないといけないので、せわしなかったです。

西公園先端付近に移動しましたが、先端は9割イカ狙いでした。
手前でサビキをやっていましたが、イワシの反応すらありません。

皆さん結構イカ釣れてましたね。私はイカはもういいと思っていたのですが、
手前でも釣れていたので、釣れたアジをえさにイカ狙いに転向しました。
しかし当たりはありません。
また、隣にガヤガヤとおっさん達が割り込んできたので、やる気をなくし、
帰宅しました。


sashimi_20140530095033ac3.jpg


釣れたアジは3枚におろし、刺身になりました。
ちょっと遅い朝食ですね。コリコリしていて美味しかったです。
今度の日曜日は、気合を入れてアジをたくさん釣る予定です~。
スポンサーサイト



アジは去った....。

天気  曇り

曜日 日曜

場所 川崎市某所

風  南風5M ~

気温 15度位

服 ポロシャツ/ロングT/フリース

時間 3:30~10:30

仕掛け サビキ ハリス1号 針6号 青イソメの細切れ付き

餌 コマセ3kg/青イソメミックス2パック

人 10人(ルアーマン含む)

潮 中潮

棚 底から1m

釣果 カタクチイワシ大漁/小サバ50位(リリース含む)

wsashi5.jpg

アジがこれくらい釣れればいいんだけどなぁ。

saba1.jpg

今回はかなり気合を入れて行ったのですが、アジは不発でした...。
2:00に起床し、2:30に出発と強行スケジュール。

途中餌屋に寄り、現地到着は3:30。
暗い内に現地に着くも、南風がやや強く吹き、暗い中で仕掛けを作るのが面倒。
ヘッドランプは付けていたのですが、あまり役にたちません。

仕掛けを投入し、当たりを待ちます。時間はどんどん過ぎていき、
そうこうしているうちに、夜明けを迎えてしまいましたが、アジの当たりを待ちました。
暗いからって釣れる訳でもないんですね~。釣れないので焦り始めました。

明るくなってからも、アジの当たりはなく、とうとう8:00を迎えてしまいました。
あまりの渋い状況から、足元で釣れないのならと投げサビキをしましたが、
これも反応なし。

少し離れた場所に居た、常連さんに状況を教えてもらいに行きました。
やはりアジの当たりはないとの事で、雑談をはじめました。

すると常連さんの竿に当たりが、アジではないようでしたが、
何か掛かっています。上げてみるとイワシが鈴なりに掛かっていました。

もうアジは釣れる見込みはないと諦め、イワシでも釣るかと、ターゲット変更しました。
すると先程までに、全くあたりのなかった竿が、チョンチョンとおじぎをします。
やはりイワシの鈴なりでした。たまに小サバもかかってきますが
仕掛けをメチャクチャにされます。入れ食いも入れ食いで疲れてしまったので、
針に青イソの細切れを付け、イワシ、小サバが掛からないようにしました。
アジなら食ってきますので、何とか釣れないかと待ちます。

しかし時間が経つのは早く、あっという間に10:30になりました。
風も弱まる様子もないので、上がる事にしました。

それはそうと、シリヤケイカまだ釣れていました。
かなり活性は高いようで、何も付けていないエギに食ってきてました。
あちこちでブシューブシューと墨を吐く音が聞こえていました。
朝、アジを狙って、その後イカ狙いがいいかもしれません。


やはり時合を逃した!次回は2:30出発か。

天気 晴れ

曜日 金曜

場所 川崎市某所

風  弱風

気温 16度位

服 ポロシャツ/ロングT/フリース

時間 4:30~9:00

仕掛け サビキ ハリス1号 針6号 青イソメの細切れ付き

餌 コマセ3kg/青イソメミックス2パック

人 4人

潮 長潮

棚 底から1m

釣果 マアジ16匹(2人で)


aji2014523.jpg


2:30起床、3:30待ち合わせで餌屋により、実釣4:30から。
久々に友人と休みが合ったので、2人で釣行でした。
早速、竿を足元に垂らしますが、当たりはありません。
何となく嫌な感じが...。水の色が透き通っているのです。
アジは目がいいとされ、見切られてしまう事が多々あるそうです。

しかしそんなジンクスを破るかのように、友人が空針で20cmのアジをあげました。
30分後くらいでしょうか。私の竿にも異変が。ツンツン、グイッと竿がしなります。
間違いなくアジのあたりです。リールを丁寧に巻いていくと、
やはり20cmのアジが掛かっていました。棚はあっているようです。

その後も友人、私共々、ポツポツと釣れ、計16匹のアジを上げることができました。
あ、ばらしは3です。今日は水深が浅く、掛かってもアジの空中滞在時間が長く、
丁寧に上げないとばれてしまいます。(水面から堤防までの距離が長い。)

今回もアジのタタキで昼ごはんを食べました。
氷締めしたせいか、アジの目の色も透き通っており、
水気がなく、とても美味しかったです。

7:00にはポツポツと釣れるのみで、8:00には全く当たりがなくなってしまいます。
やはり2:30頃に出発し3:30着位でないと、アジの時合を逃してしまいますね。
起きれるかな~。
次回はもう少し早く行こうと思います。

夜明け前のアジ入れ食い!川崎某所にて

天気 晴れ

曜日 日曜

場所 川崎市某所

風  微風

気温 16度位

服 ポロシャツ/ロングT/フリース

時間 4:30~7:30

仕掛け サビキ ハリス1号 針6号 青イソメの細切れ付き

餌 コマセ2kg/青イソメミックス350円位

人 20人位(ルアーマン含む)

潮 大潮

棚 底から1m

釣果 マアジ16匹


aji3.jpg

15~20cmの良型でした。


aji5.jpg

こうなって....。

aji4.jpg

こうなりました、アジのたたきです。


前日いつも餌を買う釣具店へ電話で今のアジの状況を聞いてみました。
釣れるけど、暗い内に釣れているよ、
サビキには青イソメの細切れやオキアミを付けた方が良いよとの事でした。
しかし2:00に家を出て、3:00実釣というのはかなりハード。
まあ起きれたら行ってみるかと思い、眠りにつきました。

携帯の目覚ましがなりますが、既にもう3:00。
こりゃ出遅れたなと思いましたが、急いで現場に向かいます。
餌屋で青イソメとコマセ2kg買い、状況を聞くとまだ釣れる時間帯ですよとの事。

4:00現地到着。
辺りは明るくなり始めています。
やはり2:00頃家を出たほうが良さそうです。

早速ピンクスキンのハリス1号、針6号の青イソメ、細切れ付きを足元に投入。
するといきなり2号の竿が絞り込まれました。
上げてみると良型のアジ。さらにまたアジ。コマセを切らすとあっという間に、
釣れなくなってしまいます。コマセを急いでカゴに入れ、
仕掛けを投入。また20cm前後のアジ。1匹ずつですが、
ほぼ入れ食いです。もっとコマセを撒いていればもっと釣れたでしょう。

あとは青イソメの細切れが動かなくなったら交換しないと、
食ってきません。面倒ですが、一応付け替え付け替えやっていました。

結局、アジ15~20cm前後のアジが16匹位釣れました。
竿が水面に突き刺さる事もあり、かなり楽しめました。

さてこのアジどうするか?
煮込むか焼くか、刺身か。
刺身が1番旨いから刺身にしようと3枚におろしますが、
身がうまく取れません。さてどうするか。

そうだ!たたきにしよう。
皮を剥ぎ、内蔵を取り、ゼイゴも取り、背びれも切って、刺身状態にします。
これ簡単に包丁を入れ、身を小さくします。
そしてある程度、骨を抜き、身を叩きまくります。

出来上がった叩きは丁度、お昼だったので、おかずにし食べました。
純粋に美味しかったです。今後アジが釣れたら叩きが良さそうです。
次回は暗いうちからランプを持ってやってみようと思います。

熱海港海釣施設 小サバ入れ食い!大きめのイワシも少々。

天気 晴れ

曜日 金曜(5/16)

場所 早朝網代港/朝食後、熱海港海釣施設

風 早朝 微風/昼前から東風か強風

気温 ―

服 ポロシャツ

時間 9:30~11:30

仕掛け 投げサビキ ハリス1.5号 針6号 付け餌なし

餌 コマセ2kg

人 50人位(釣り座には余裕がある)

潮 中潮

棚 適当(竿1~1.5本位)

釣果 早朝網代黄色のブイがある堤防/大きめのイワシ5匹
   熱海では、小サバ大漁/大きめのイワシ20匹位


ajirokouasa iwashi - コピー


今日は、5:30~7:00まで
網代の黄色のブイがある堤防へ
様子見を兼ねて竿を出してきました。
今回はカラバリです。
まあ何も釣れないだろうと思い、
浮きを眺めていると、ツンツンと
浮きに当たりがありました。
しばらく待ってみると、8号負荷の浮きが
消し込みました。これは!と思いましたが、
上げてみると大きなイワシが3匹付いていました。
その後は、当たりがなく、
帰り間際に2匹同じサイズのイワシが釣れました。

16ajiro asa - コピー

釣り人も少なく穏やかな海でした。



付け餌なしでも釣れるんだと思い、朝食後、
熱海海釣り施設へ行きました。昼前後から強風という事で、
ある程度は覚悟していましたが、横からの風で2時間位で
撤退をしました。

iwashi atami

ボリュームたっぷりのイワシ達。


しかしこの2時間は内容が濃かったと思います。
小サバはほぼ入れ食いも入れ食い!仕掛けが馴染む前に、
掛かってきます。その後に大きなイワシが釣れ始めたので、
小サバは釣れてもリリースしていました。
棚が小サバよりもイワシの方が深かったです。
氷を2つ購入し、(高い1つ300円もする。)
大きなイワシが珍しく、思わずお持ち帰りしてしまいました。
帰宅後、ウロコと内蔵を抜き、酢漬にし保存しました。


atamikou.jpg

結構すいてました。


今回の東伊豆釣行で思ったことは、やはり時間帯、
朝マズメ、夕マズメが釣れるとどこの釣師も言っていましたが、
そのとおりだともいます。ただホテルの食事の時間とマズメが
重なるので、ちょっとマズメに釣りをするのは厳しかったです。
ここをどう調整したら良いのか思案のし所かなと思いました。
最終日の今日は早朝、カイワリが網代で上がっていました。
カゴ釣りですが…。遠投できれば、色々な可能性があるでしょう。
この3日なんだかんだ言って結構楽しめました。

suzuke.jpg

写真で見ると、小さいですが、意外と大きかったですよ~。

はじめての伊東港(新井堤防)

天気 晴れ

曜日 木曜(5/15)

場所 伊東港新井堤防

風 北風の強だが、湾内は微風。

気温 ―

服 ポロシャツ/ロングT

時間 12:00~14:30

仕掛け 投げサビキ ハリス1.5号 針6号 付け餌あり

餌 コマセ2kg/マルキュースーパーハード

人 8人位(新井堤防のみ)

潮 ―


棚 底から1m

釣果 小サバ10匹位

itoukou.jpg

itoukou kosaba



天気予報では午前中一杯は雨という事で、
伊東の道の駅で時間を潰し、昼頃に堤防に行ってみました。

以前伊東港の新井堤防に行った時は、
釣り場が狭いせいもあり、
竿が出せなかったのですが、
今日は先客が丁度帰るところで、
竿を出すことができました。

付け餌付きの投げサビキを投入すると、
すぐに浮きが消し込みました。
上げてみると20cm位の小サバが3匹付いていました。
その後もポツポツと釣れました。


itoukou aigo


また、勢いよく浮きが消しこんだので、何かと期待しましたが、
上がってきたのはアイゴでした。今回も棚が深かったようで、
根掛りを連発してしまいました。

東伊豆遠征 網代港で撃沈。 

天気 晴れ

曜日 水曜(5/14)

場所 網代港中堤防

風 微風 

気温 ―

服 ショートT/ロングT

時間 8:00~12:00

仕掛け 投げサビキ ハリス1.5号 針6号 付け餌あり

餌 コマセ3kg/マルキュースーパーハード

人 10人位(中堤防のみ)

潮 ―


棚 底から1m

釣果 念仏鯛/スズメダイ

ajiro1 - コピー

海は穏やかですが、魚の活性が低い...。

ajiro2 - コピー

秋になると場所取りが壮絶となる堤防も人少なめ、
エギンガーが多かった気がします。

suzumedai.jpg

スズメダイが...。そして念仏鯛~。
餌付けない方が、小青物が掛かると思うので、
カラバリのサビキがおすすめ。

nennbutu_20140516165840175.jpg


底近辺に棚を取っているせいか、根掛りが多かったです。
サビキ仕掛けもどんどんなくなり、釣りになりません。
棚を上げるも、昆布か海藻でもあるのか、何故か根掛り。
可能性としては、念仏鯛が掛かり、海藻の中へ潜り込んでいるのか。
結局、釣果は念仏鯛とスズメダイのみに終わりました。

moya.jpg

帰り際、幻想的な風景が、モヤでしょうか、
雲が海面スレスレまで落ちてきたみたいな風景です。

イワシ入れ食い!小サバもまじる。

天気 晴れ

曜日 日曜

場所 川崎市某所

風 北5m位 

気温 20度位

潮 中潮

服 ショートT/ロングT/フリース

時間 5:00~10:30(サビキは2時間程、あとはイカ狙い)

仕掛け ピンクスキンサビキ ハリス2号 針8号/シリヤケイカ仕掛け

餌 サビキ(コマセ1kg)/キビナゴ

人 10人位

潮 中潮

棚 適当(コマセを撒くと水面に魚が見えるので中層から表層)/底べったり

釣果 カタクチイワシ大漁/小サバ20匹程度

2014kosaba.jpg



西公園でイワシがピンクスキンで釣れ始めたという事で
ホームポイントへ行ってきました。

夜明け前には、ルアーマンが大勢おり、予想通り、
イカの浮き釣りはできませんでした。

早速、期待のサビキを投入します。
しばらくはなんの当たりもなく、竿を上下し、
こませを撒いていました。潮が動かないのでコマセがよく効き、
30分後位には、イワシ、小サバが入れ食いになりました。

2時間程サビキをやりましたが、捌くのが大変なので、
シリヤケイカ釣りに転向しました。

しかし、毎度ながら棚をうまく取れず、餌がボロボロの状態で、
戻ってくる事が多々ありました。

結局、イカは釣れず、南風が
吹き始めたので、投げられず、帰宅しました。
まあコマセ1kgでこれだけ楽しめたので良かったと思います。


2014iwashi.jpg


シリヤケイカ釣れました。

天気 晴れ

曜日 日曜

場所 川崎市某所

風 北5m~東7m位 

気温 20度位

服 ショートT/ロングT/フリース/ゴアテックスjkt

時間 5:00~10:30

仕掛け シリヤケイカ仕掛け

餌 キビナゴ

人 10人位

潮 中潮

棚 底

釣果 シリヤケイカ1杯


a1.jpg



エサ巻エギって、意外と高いですよね。
この前、釣り場に忘れてきてしまい、
新たに1つ購入してしまいました。

しかし、今日ホームポイントへ行ってみると、
ベテランの方が、「洗って保管して置いたよ。」と持ってきてくれました。
大変感謝しております。ありがとうございました。

まだまだ川崎のシリヤケイカはこれからでしょう。
去年は、ポンポン釣れていたのたので、
今年はまだ本格化していない様です。

さて今日の釣りはというと、
第一投目でいきなりイカがヒット!浮きがシュン!と潜りました。
しばらく待って合わせると、ギュイーンと小気味いい当たり。
タモ入れをしていただき、アベレージサイズをゲット。

しかしその後は、続かず、潮が早くなり、東風も強くなりました。
何とか力一杯投げますが、飛びません。
浮きも岸の方へ流れ着いてしまいます。

また潮の引きも早く棚取りが要となってきており、
頻繁に棚を変えましたが反応はありませんでした。

また浮き止めの位置もずれてしまったのか、浮きがうまく立ちません。
潮が早く、また風も強く、
ライン6号、ハリス3号というゴツイ仕掛けのせいか、
するする~とうまくウキ止めまで浮きが引っかかりません。 

浮きの錘負荷が2号なので、錘は1号...。
次回からは錘負荷5号の電気ウキを使って、
錘4号位でやってみるのもいいかもしれないと思いました。 

海の状況は中荒れ程度でしたが、
これはあと1、2時間は釣りにならないと判断し、
ちょっと早かったですが、帰宅しました。
それにしてもエギを拾ってくれたM氏には感動すら覚えました。
来週こそは、行ければ、ポンポンイカを釣ってみたいと思います。

東扇島西公園先端、試しにイワシ狙ってみました。

天気 晴れ

曜日 金曜(GWの合間)

場所 東扇島西公園

風 弱風 

気温 20度位

服 ショートT/パーカー/ブーツ(暑い)

時間 5:00~10:00

仕掛け トリック6号1号/普通のスキンサビキ/シリヤケイカ仕掛け

餌 コマセ2kg/釣れたイワシ/シロギス

人 100人位

潮 中潮

棚 底

釣果 イワシ2匹/シロギス2匹/メゴチ


nishikou.jpg

shirogisu_20140502113318c70.jpg


GWの合間なので、西公園でも空いていると思い、
行ってきました、東扇島。
前日にコマセの解凍を頼んでおいたお店により、
コンビニで朝飯を購入しました。

現地に着くと、駐車場は結構な車の数、
これはもしかすると…。

良かった、いつもより人は多いですが
まだ早かったせいか、人もまばらでした。

さらに先端には入れないかと思いきや、
丁度ルアーマンが帰るところでした。
ラッキーでした。すぐにそこに陣取り、
トリックとピンクスキンサビキを
垂らしておきました。

1時間後位にピンクスキンにイワシの当たり。
6本針に2匹付いていました。ここから入れ食いだろうと期待するも、
パったり。トリックの方は、何故かシロギスが掛かってきました。
その後も、イワシはパったり、シロギスがトリックにまた掛かり、
そのあとは、メゴチ。

先端付近は皆様、イカ狙いのようでエギング、浮き釣りなど、
楽しんでいたようでした。と思いついたのが、
釣れたイワシ、シロギスでイカを釣るということです。

イワシはやはり食いが良いですね。
浮きが潜ったので、合わせると、
グイっという感触。多分イカです。
すっぽ抜けましたが、餌のイワシの腹の部分が、
鳥の嘴でかじったような後が残っていました。

何回かそんな感じであたりはあるけど、乗らないという状況でした。
エギが多分悪いのでしょう。エサ巻エギでなく、
普通のエギに針金でイワシを巻いただけのものでしたので…。

どこかで安く売ってないかなぁ。
エサ巻エギ。

10:00頃、常連さんなのか、
隣に騒がしい人達が入ってきたので、上がる事にしました。