FC2ブログ
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
アクセスカウンター
ポチッとお願いいたします。

エディット
バックナンバー

アオアジ炸裂!シロギスも釣れました。

天気 晴れ

場所 川崎市某所

風 微風  

気温 22度~25度

時間 4:00~9:00

仕掛け トリック仕掛け/ハリス1号/針5号*ピンクスキンサビキ針6号 ハリス1号
    (10本針だとサッパが食ってくる為、7本針に) 
     
餌 コマセ3kg(よく釣れたせいか、若干少ない)

人 10人位

潮 大潮

棚 底から30cm位

服 SS-T/短パン/ブーツ/

釣果 アオアジ(20㎝前後)20匹程度、マアジ1匹、豆アジ1匹、シロギス5匹
   サッパ少数、ヒイラギ少数、ばらし多数(ハリス切れ3回)


aoaji2_20130728111803.jpg

突っ込む様な当たり連発、 入れ食いでした!

maaji3.jpg

マアジは何回かばらしましたが、やっと釣れました、でっぷりとしたマアジ!



まだ暗いうちに現地に到着しました。
直ぐに仕掛けを作り、投入。いきなり大物の当たり!
リールを巻いていくと、水面下には、30~40cm級のアジ。
型を見る事はできましたが、直ぐにハリス切れ、
しかも針一本だけ残して、買ったばかりの
トリックサビキが持ってかれてしまいました。

仕掛けは3枚しか持ってきていないので、次回の当たりからは、
大事に使おうと思いましたが、また大物の当たり、
今度は25㎝位のマアジ、慌ててしまいブッコ抜こうとしましたが、
あえなく針1本だけハリス切れ。抜きあげが、上手くいきません。

するとまた息もつかせぬほどの当たり連発!
また同型のアジでしたが、これもバラしました。
6本針になってしまったいましたが、これはこれで使いやすいです。

日が出ると、あれだけあった当たりもなくなりました。
今度は、ヒイラギが寄ってきてしまい、次々掛かります。
これは、ちょっと間を取らないとなと思い、仕掛けを上げ、休憩。

そして、新たに仕掛けを投入。
置き竿にしておきます、今回はトリックとスキンサビキの2本立て。
30分位音沙汰ないので、M氏と話していると、M氏のラインがジーッ!
そして僕の竿2本ともジーッ!と鳴り響きました。
いきなりの当たりでした。僕の方の竿は、スキンサビキの方に、
2匹、トリックの方に1匹、アオアジが掛かっていました。

ここからゴールデンタイムが始まります。5:00位だったと思います。
仕掛けが底に着くと すぐにアオアジが掛かってきます。
あまりに当たりが多いので、スキンサビキの方は上げておき、
トリックのみで挑みました。竿が海面に突っ込む突っ込む!
2号の竿なので、とても面白かったです。
2回ハリスを切られ、4本針になってしまいましたが、
そんなのお構いなしに、次々掛かってきます。


ajibv.jpg

こんな状態がしばらく続き、やっと竿を休ませる事ができました。
1時間位なんの反応もありませんでしたが、またアオアジが回ってきました。
そして、また同じような状況になりました。ガンガン食ってきました。
中には良型の真アジも居ました。慎重にリールを巻いてゆっくりと上げました。
デップリとしたアジでなかなか良い引きでした。

今回は、風もなく、気温もそこまで高くならず釣り日和でした。
不思議だったのは、シロギスがトリックに掛かってきたことです。

shirogisu.jpg


コマセがなくなる最後の最後までアオアジは掛かってくれ、
とても楽しめました。1年で1回あるかないかの入れ食いでした。

来週はサイズアップしてくれないかなあ。
しかし、1.5号のハリスにしても、食わないし、
1号では切られるし難しい所なんですよね~。
自作サビキが作れればなぁ。

スポンサーサイト



自作仕掛けは難しいなぁ。

週末にかけて、自作のトリックサビキを作ろうと上州屋へ行ったが、

カン付き針で小さいサイズがなく、一番小さいので、丸セイゴ8号だった。

この針と、競技用のシロギス針を巻いて、作ろうと思ったが、

やはり通常のトリックと比べて、針が大きすぎるという結論に至り、

購入を辞め、いつものトリック7本針を2つ、コマセ3kg購入し帰宅した。

大物1回、中アジ2回とバラシ連発!

天気 晴れ

場所 川崎市某所

風 微風  

気温 22度~26度

時間 4:00~9:30

仕掛け トリック仕掛け/ハリス1号/針5号
    (10本針だとサッパが食ってくる為、7本針に) 

餌 コマセ2kg(若干少ない)

人 10人位

潮 大潮

棚 底から30cm位

服 SS-T/短パン/サンダル/

釣果 ムロアジ30cm/サッパ大漁/ヒイラギ大漁/豆アジ6匹(内1匹N氏の頂き物)

aoaji2.jpg


2:30に目覚ましをかけ、3:00出発の釣具店、コンビニにより、4:00頃現地到着。
いつもいるベテランの方々がおらず、ルアーマン4人と僕との5人だけでした。
トリックを垂らしますが、全く反応ありません…。

しばらくすると、豆アジがプチ入れ食いになり、
2本の竿に同時に掛かったりしました。
しかし、それも一瞬でその後は沈黙の時間が過ぎていきました。

6:00頃、N氏が来てくれて、餌釣り師は2名になりました。
コマセも効いてきたのか、中アジが掛かり、空中でポシャン!
また同じサイズのアジが掛かりますが、また空中でポチャン。
ショックでした…。その後は、また沈黙の時間が過ぎていきました。

またしばらくすると、2本の竿は、ヒイラギ、サッパがほぼ入れ食いになり、
疲れました。そしてコマセもなくなり始めた頃、大物の当たり。
慎重にリールを巻き、魚影が見えました。水面下で光りましたアジです。
N氏がタモ入れをしてくれ、30数センチのムロアジを釣る事ができました。
前回釣れたのと比べてみると、今回のがムロアジで前回のアジはただ単に、
太ってた真アジだったようです。

そしてコマセが切れ始め、トリックをやめて、スキンサビキで
コマセをガンガン効かせるとサッパが寄ってきました。
ある程度サッパ地獄が収まってからドラグをフリーにして、
置き竿にし、N氏と話していました。

するといきなり、もの凄い当たり、ラインは出っ放しで竿も持ってかれました。
何とか堤防ぎりぎりの所で竿は掴みましたが、魚は付いていませんでした。
何だったんだろう。時間的にアオアジかと思われますが、型は見たかったです。
今の時期、最後の最後まで、気を抜けませんね。

追加/堤防で釣れるアジには3種類居て、
アオアジ、ムロアジ、マアジの3種になるそうです。
今回のは、ムロアジでしたが、前回のはマアジだったようです。
尻尾の付け根にマアジにはないヒレが付いているのが、アオアジらしいです。
ムロアジは、細長いのが特徴みたいです。

2013夏 網代遠征~サバを求めて

AJIROKESHIKI.jpg


7月17、18、19と2泊3日で東伊豆は網代へサバを釣る事を目標に行ってきました。

17日、到着早々小サバ15~20cm位のサイズが入れ食いでした。
仕掛けが大サバの棚15mに届く前に、小サバが掛かってきます。
たまに小アジが掛かりました。浮きが消し込むのはやはり面白いですね。

AJISABA.jpg

こんなミニチュアが入れ食いでした。


18日は物凄い突風が吹き荒れ、釣り所ではありませんでした。
午後になっても風はやまず、暴風の中数投で撤退しました。

OOARE_20130719170150.jpg

画像では分かりずらいですが、瞬間風速13M程だったようです。


19日、5:00、風もなく釣り日和。
小サバは掛かりますが、入れ食いには程遠かったです。
しかし、浮きが一気に水面に消し込みました。
20m程しか投げていなかったので、まさかの大サバでした。
手前までは寄せてきたのですが、抜きあげに失敗し、
ポチャンと海へ帰っていきました。
でも青物の引きを堪能できたので、僕的にはOKでした。

AJIREOASA.jpg

朝焼けです。


19日朝食後は、網代の祭礼準備の為、車を停める場所がなかったです。
熱海海釣り施設へ行きましたが、混雑の為、堤防内に入れず、
堤防の何も釣れそうにない場所で竿を出しましたが、念佛鯛のみ。

今回は、前記した大サバが目立った事でした。
同行者が高齢の為、暑くて、あまり釣りに時間を取れませんでしたが、
2時間位ずつ釣りをすることができました。
もちろん同行者も小サバの入れ食いを堪能したようです。

19日は祭礼がなく、車を停められれば、大サバを釣る事ができたでしょう。
地元の方で堤防先端は埋め尽くされていましたが…。

SHIIRA.jpg

シイラがネットイン!


周囲では、シイラ、大サバ、正体不明の大物、
シイラであれば掛かると、ジャンプするそうなので、違う魚種みたいです。
物凄い速さで走っていました、イナダですかね。
でも200Mは走ったのではと思われます。
なんだったんだろう。しかしさすが網代、魚種多彩でした。

今度は来年かな、それとも秋頃かな。
コマセは2KGで3時間位持ちそうです。

atamji.jpg

熱海港釣り公園内には入れず…。


今回、使用した釣り具は、
竿/3-450PTS、リール/4000番、仕掛け/ハリス5号、針6号 浮き/釣研8号
餌は、コマセ2KG、マルキュースーパーハードS。
棚は10M~15M、小サバは5M程、両者とも20M程投げ。

青物シーズンになると場所取りが、なかなか厳しいですね。
でも大サバ釣りたいです!

ハリス1号!30cmアジ釣れました。

天気 晴れ

場所 川崎市某所

風 微風  

気温 27度~30度

時間 4:00~9:30

仕掛け トリック仕掛け/ハリス1号/針5号
    (10本針だとサッパが食ってくる為、7本針に) 

餌 コマセ2kg(調度良い。)

人 15人位

潮 小潮

棚 底から30cm位

服 SS-T/短パン/サンダル/タオル

釣果 アジ2匹/アジ30cm1匹/サッパ/ヒイラギ/イワシの子
(その他N氏がくれた獲物、アジ、シロギス、イシモチ、カサゴ、シマイサキ)

aoaji.jpg

よくもまあハリス1号で30cmのアジが釣れたなあと思います。
竿を持っていると、いきなり下に突っ込む様な当たりでした。
セイゴかと思い一瞬気が抜けましたが、ゆっくりゆっくり、
ドラグを調整しながら巻き上げていくと、アジでした。

朝から時間に都合をつけて来てくれたN氏が、タモ入れをしてくれ、
無事にネットインすることができました。8:00頃でした。
ここのポイントはだいたい8:00位までにアジが釣れないと、
それ以降は全く期待できなくなります。ギリギリでした。

その他も早朝の時合で15~20CMの真アジが釣れました。
なかなか良い引きをしてくれ、楽しめました。
ただ金曜日西公園であれだけ釣れたイワシも妖精のような、
イワシばかりが掛かってきます。

サッパは、針数を少なくすることで掛かるのを阻止しているので、
ほぼ気にすることなく、快適に釣る事ができました。
それでも何度か仕掛けをぐちゃぐちゃにされましたが…。

来週は、ここのポイントもおそらく閉鎖されるかと思われます。
今後、日曜日は釣りができなくなるかもしれません。

東扇島西公園 早朝の時合で、アジ釣れました。

天気 晴れ

場所 東扇島西公園先端

風 南2m位  

気温 25度~29度

時間 4:00~9:30

仕掛け トリック仕掛け/ハリス1号/針5号
    (10本針だとサッパが食ってくる為、カットして5本針に) 

餌 コマセ4kg(2人分)

人 50人位

潮 中潮

棚 底から50cm位

服 SS-T/短パン/サンダル

釣果 アジ2匹、イワシ20匹(真面目にやれば200匹はいった。)、
  海タナゴ2匹、サッパ大漁、ヒイラギ3匹、ダボハゼ、小メバル


aji_20130712114234.jpg

umi.jpg

iwashi2.jpg


2:00起き、3時出発で友人と西公園へ行ってきました。
20cm前後のアジ2匹、イワシ、海タナゴ、サッパ、ヒイラギが釣れました。
イワシは専門で狙えば、200匹は釣れる勢いでした。
また中層から表層まではサッパ地獄で、掛かると、
仕掛けをめちゃくちゃにされてしまいます。
実際、2枚のトリックがやられました、

1枚のトリックは、サッパの食い上げによる絡みを軽減させる為、
5本針にしました。これにより低層に仕掛けがつけば、
サッパはほとんど食わなくなりました。

いかにサッパの居る層を通過させるかがポイントになってきます。
さらに錘を10号にして、なるべくはやめに底付近に仕掛けを投入します。
ラインの出も良くする様、竿を海面に向けて、スルスルと出していきます。

低層では、アジ、イワシがいる様で、イワシなどはガンガン掛かってきます。
アジは、2回程当たりがありましたが、やはり数は伸びませんでした。
アジの数釣りは川崎では厳しい様です。あと西公園先端では、猫が多く、
釣り上げた魚を素早く食おうとします。
気を付けないと猫が釣れてしまいますのでご注意を。

あと海が穏やかだったせいか、シリヤケイカまだ釣れていました。
エギングでお一人様、2~3匹位。餌釣りだったらもっと釣れていいたかも。

アジやっと釣れました!

天気 晴れ

場所 川崎市某所

風 南5~7m位  

気温 20度~25度

時間 4:00~10:00

仕掛け トリック仕掛け/ハリス1号/針5号
    (10本針だとサッパが食ってくる為、7本針) 

餌 コマセ3kg(2kgで十分足りる)

人 10人位

潮 中潮

棚 底から50cm位

服 SS-T/ポロシャツ/サンダル

釣果 アジ2匹、イワシ20匹、サッパ大漁


aji higashiougishima

下のアジはアオアジですかね


夜中の2:30に携帯の目覚ましが鳴り響く。
なかなか体がいう事をきかず、起きれない。
45分頃になり何とか起きる。
それからは早い。3:00には家を出て、
4:00前には現地に着く。

それでも竿を出したのは、4:15分頃。
まだ当たりは薄暗い、いつアジが食ってくるか期待を掛ける。
とりあえず、もう1本竿を出そうと、仕掛けをいじっていた。
するといきなり竿がガタガタ言っている。ドラグは出ていない。
ゆっくりとリールを巻くと15~20cmのアジが掛かっていた。

その後もイワシの群れが入り、いくらでも釣れそうな勢い。
棚を底ぎりぎりにしている為か、サッパはほとんど掛からない。
イワシをある程度釣り、キリのいい所で、仕掛けを上げる。
周囲では、25cm位のアジが2匹上がっている。
やはり日が出るか出ないかのギリギリの時合で、来た様子。

少し時間が空いたので、サッパやイワシが居なくなったかと、仕掛け再投入。
しばらく置き竿にしていると、アジの突っ込む様な当たり!
慌てずゆっくりとリールを巻く、先程より小さいがアジだ。
無事に陸にあげると、なんだか細長いアジだ。どうもアオアジの子供のようだ。

しかし、南風が強い。まったく衰える気配がない。
向かい風なので余計に強く感じる。
時間は9:00。そろそろ上がろうかと思ったが、コマセが2kgは余っている。
スキンサビキで、もう1勝負しようと決め、竿を上下させ、コマセを撒く。
サッパは掛かるのだが、アジの気配はない。風はきつくなる一方。
仕方ないので、10:00に上がり、眠い中、車を飛ばして帰宅した。