FC2ブログ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
アクセスカウンター
ポチッとお願いいたします。

エディット
バックナンバー

なんとかアジ3匹!

天気 晴れ

風 南風4m位

場所 川崎市某所

気温 28度位

時間 4:00~9:00

仕掛け 改良トリック7ウィリー仕掛け ハリス1.5号 針6号/
     投げサビキ ハリス3号 針ネムリ9号 

餌 コマセ3kg マルキュースーパーハード

潮 中潮

人 10人位

棚 底

服装 ポロシャツ ブーツ

釣果 小アジ3匹 セイゴ サッパ大漁 ヒイラギ大漁

seigo0729.jpg

セイゴもコマセに反応するんですね。

aji0729.jpg

ここのポイントのアベレージサイズです。


まだ暗い内に現地に到着。
明るくなる前に竿を出したい。
急いでポイントへ徒歩で移動する。

ギリギリ明るくなる前に、トリック仕掛けを投入。
その間に、投げサビキの仕掛けを作る。
そうこうしているうちに、夜が明けてしまった。
アジの入れ食いはもうない。
去年の今頃は、入れ食いはないにしろ、
10匹位は釣った覚えがある。

毎週おなじみの、ヒイラギが入れ食いになり
その後は、サッパが入れ食いになる。
サッパは仕掛けを絡ませるので追い食いさせずに、
仕掛けを上げる。特に細い仕掛けの場合、絡まりやすく、
本通りになりずらい。サッパは、本当に嫌な外道だ。

この外道達の合間を縫って、なんとかアジ3匹を上げ、
セイゴにも遊んでもらった。小さいがナイスファイトをする。
アジは、サッパ30に対し1匹の割合だった。

大物狙いの投げサビキは、うんともすんとも言わなかった。
ルアーで釣れる事から、ワカシもいる事はいるのだろうが、
まだコマセに反応していないようだ。残念。
コマセに反応しだすのは、8月下旬、
または秋頃にならないと厳しいのかなと思った。


スポンサーサイト



なかなか食い込まない…。

天気 晴れ

風 微風

場所 東扇島西公園

気温 25度位

時間 5:00~8:00

仕掛け メジナ2段浮き仕掛け ハリス1.5号 針伊豆メジナ7号

餌 コマセ3kg マルキュースーパーハード

潮 小潮

人 15人位

棚 70cm

服装 Tシャツ

釣果 メジナ3匹 サッパ3匹


kouen0727.jpg

本日の西公園、ガラガラでした。ただ潮が速く、コマセが効きません。

mejina0727.jpg

なんとか確保。


棚が違うのか、それともメジナが浮いてこないのか?
当たりも少なく、釣れないので、途中投げサビキに変更するも、
こちらも反応なし。また元通りメジナを狙う。

コマセを撒き、群れが集まるまで30分位かかるようだ。
次第に当たりは、でるようになるが、食い込まない。

潮が速いので、コマセが1ブロック、30分でなくなってしまう。
撒く量を少し減らすと、当たりが遠のく。

仕方がないので、撒く量は変えず、当たりを待つ。
すると、いきなりグン!と竿先がしなった。
小型のメジナだったが、引きは面白い。
その後もコマセが効いてきたのか、2匹連続で釣れる。

しかし、こませがもうない。
せっかく群れが集まったというのに、コマセがないのでは、
どうにもならない。3時間という短い時間だったが、まあ楽しめた。

大物が掛かるも!

天気 曇り時々小雨

風 南4m

場所 川崎市某所

気温 20度位

時間 14:00~18:00位

仕掛け 改良トリックセブン ハリス1.5号 針6号

餌 コマセ3kg

潮 中潮

人 10人位

棚 底

服装 ロンT/ブーツ

釣果 アジ2匹 セイゴ1匹 サッパ多数 ヒイラギ多数

0722.jpg


市販のトリックサビキの弱点が、目立った日だった。
開始直後、大物の当たり!グングンと竿がしなる。
横に走るので大アジか!が直ぐにライン切れ。
下から2番目の針がない。

気持ちを取り直し、
仕掛けを投入。しかしヒイラギの猛攻。
入れ食いだ。しばらくすると何か違う魚が掛かった。
ブッコ抜くと30cm位のセイゴ。

また何か大物が掛かるが、ライン切れ。ドラグ調整している
タイミングがない。アッという間に切られる。

トリックの針が2つなく、針も変形してきたので、
仕掛けをウィリーから普通のトリックに変更する。
16:00頃か、ヒイラギとは違う当たり、やっとアジが釣れる。
その後も1匹アジを追加。

夕方には、ナブラが立ち、小イワシが逃げてきた。
しかし釣れるのは、サッパ、ヒイラギ、小イワシのみ。
残念ながら、アジの入れ食いは堪能できなかった。
今年はアジが少ないらしい。

少し離れたところで、超大物が掛かった様子。
物凄く横に走っている、ドラグが鳴り響く。
ドラグだけでは対応できない 、数分の格闘の末、
あえなくライン切れ。ハリス6号でメゴチの泳がせ釣りだったらしい。
エイか、サメかと常連の方に聞いてみるが、あれだけ横に走ったので、
どちらでもないとの事。イナダの可能性が強いかと思われる。

そろそろ、大物が掛かる季節になってきた。トリックでは対応できないので、
太いハリスにオキアミを付ける方法で大物を狙いたい。

7/22 

身の危険を感じました。

天気 晴れ

風 南西風8m

場所 川崎某所

気温 20度位

時間 4:00~7:00

仕掛け 改良トリックセブン ハリス1.5号 針7号

餌 コマセ2kg

潮 若潮

人 10人位

棚 底

服装 ポロシャツ/ブーツ

釣果 アジ1匹 海タナゴ2匹 サッパ3匹 ヒイラギ1匹

0716aji.jpg

20CM位のアベレージサイズです。まだ暗い内に釣れました。


ウェザーニュースの天気予報を見る限り、
9:00頃までは、風速5m位となっていた。
その後は、7m、8mとだんだん強くなっていく予想だ。
しかし、日が昇る少し前から、9:00までなら十分な時間だ。

意気込んで、早朝3:40分位に現地に到着。
ん?風が結構ある。釣り場へ向かうと、さらに強い風。
南西の風、7m~8m位ある。しかも向かい風だ。
風にともない海も荒れており、時に水しぶきが、顔面に掛かる。

まだ4:00位か、いきなり竿がしなる!
アジか?まだ暗い内なので、間違いない。
リールを巻き上げると、20cm位のマアジだった。

その後、またもや竿がしなる。今度はデカ海たなごだった。
さらに、また同じくらいの海タナゴ。
トリックの針を海たなごから外すとき、1本折れてしまった。
あたらしく仕掛けを、繋げるが、これ以降はサッパ、ヒイラギのみ。

風は相変わらず強く、荷物が飛んでいきそうな状況。
ここらで上がった方が良さそうだ。
まだ7:00だったが、どうも身の危険を感じるので、
早々に撤退をした。

明日は南風が強そうだが…。

明日は南西の風が強そうだが、
とりあえず川崎某所に早朝、行ってみようと思う。
9:00には風が強くなるのでそれまでの勝負だ。
今日は、j屋に行って、流されたスカリ、
どこかで落としたグローブなどを見に行った。

しかし、どちらも気にいった物がなく、コマセ2kgとトリック、
鉄カゴ、水汲みバケツを購入してきた。
明日は、3:00には家を出たい。
朝マズ目の一瞬勝負を逃さないためにも、竿もトリックで2本出す予定だ。
あまり潮が速い場合は,2kgしかコマセを買っていないので、1本でやりたい。
さてどうなることやら。

大荒れ西公園

天気 晴れ

風 南風7m

場所 東扇島西公園

気温 25度位

時間 6:30~9:00

仕掛け メジナ2段浮き仕掛け 針 伊豆メジナ7号 ハリス1.5号

餌 コマセ3kg/マルキュウ スーパーハードオキアミ半分

潮 小潮

人 10人位

棚 70cm位

服装 ポロシャツ/ブーツ

釣果 メジナ9匹(スカリ流された時の分、3匹含む。)


ooare.jpg

画像では伝わりにくいですが、竿を出していても、水しぶきが、かかる程荒れていました。

20cm

全て20cm~25cm級の良型(西公園にしては)


早朝目が覚めると、天気予報とは裏腹に太陽が顔を出している。
ウェザーニュースの雨雲レーダーを見る限り、
活発な雨雲はないとの事。
急いで、支度をし、西公園へと向かう。

到着後、駐車場でさえ、強い風。風速をみるのを忘れた。
当然海では物凄い突風が吹き荒れている。波も高く、
水しぶきが顔にかかる。

せっかく来たのだからと、竿を出し、コマセを撒く。
しばらくコマセを撒いていると効いてきたのか、
浮きに当たりがでるようになる。
すぐに20cm級のメジナが掛かる。
荒れている海だからこそ、食い込みが良いのかも。

先週とは違い、当たりがあってしばらく待てば、食い込んでくれる。
3匹釣った所で、スカリに異変が…。何故か、沖の方に浮いている。
とっさに、錆びたクリップが思い浮かんだ。
そういえば、スカリ本体と紐を結ぶ、クリップが壊れそうだった。
要するに、クリップが壊れ、スカリ本体が流されてしまったのだ。
タモ網で取ろうとしたが、届かない。一気にテンションが下がる。

気をとりなおして、コマセを撒く。また群れが寄ってきたのか、
浮きに明確な当たりがでる。1回潜って、少し待ち、さらに深く潜った所で
合わせるとギュイーンという引き。また20cm級のメジナ。

そんなこんなで、結局9匹のメジナを釣り上げることができた。
(流されたスカリに入っていたメジナも含む。)
サイズも先週よりも、良型がそろった感がある。
後は、飛ばし浮きと当たり浮きの間をもっと長く取った方が釣れると思う。

後日...。
よく考えたら、流されたスカリは、仕掛けを投げて、引っ掛け、タモ網ですくえばよかった。

午後からの釣り

天気 雨後曇り後晴れ

風 西風4m位

場所 川崎市某所

気温 20~25度位

時間 12:00~17:00

仕掛け 投げサビキ 太ハリス仕掛け/改良トリック7ウィリー

餌 コマセ2kg/マルキュウ スーパーハードオキアミ半分

潮 大潮

人 10人位

棚 底から1m位

服装 ポロシャツ

釣果 豆アジ1匹 ヒイラギ多数 セイゴ

seigo.jpg

何故かトリックに掛かってきました。

mmaeaji.jpg

夕方掛かってきました。


これからは、トリックが面白い。
豆アジでなく、小アジが多分掛かってくるだろう。

今日も、夕方に1匹だけだったが、小アジが掛かった。
あとは、ヒイラギがよく当たる。ぬるぬるして気持ち悪い。

周囲では、雨水のせいか、アジは釣れていなかった。
最初は投げサビキをしていたのだが、全く当たりがないので、
トリックに変更したところ、何故かセイゴが掛かった。
ハリス1.5号なのに無理やりブッコ抜いた。
結構強い、1.5号。

その後もヒイラギが入れ食いで、どうにもならない。
そうこうしているうちに、夕方5:00になったので上がる事にした。

午後からの釣りは気持ちが良い。
早朝の方が釣れるが、体が疲れてしまう。
今日も、ルアーでワカシが何匹かあがったそうだ。
ルアーで釣れるという事は、表層にいるのだろうか。
サビキにも掛かって欲しいものである。

雨水が入ったせいか...。

天気 雨後曇り

風 微風

場所 東扇島西公園

気温 20~25度位

時間 5:30〜9:00

仕掛け 投げサビキ 太ハリス仕掛け/メジナ用2段浮き仕掛け

餌 コマセ2kg/マルキュウ スーパーハードオキアミ半分

潮 大潮

人 20人位

棚 底から1m位/80cm

服装 ポロシャツ/ナイロンパーカー

釣果 コッパメジナ1匹

kouen.jpg

雨上がりの西公園

koppa.jpg

コッパメジナ


二兎追うものは一兎をも得ず。
まさにその通り、1時間投げサビキを2時間メジナをやり、
結局、釣れたのは15cm程度のメジナのみだった。

早朝は、雨が降ったり、止んだりでナイロンパーカーでしのいだ。
雨は、やはり釣りには適さない。

西公園の水も真水が入ったせいか、
活性が低い。メジナ狙いで最初に入ったポイントには
全く当たりはなかった、が前回釣れた場所に移動すると、
2段浮きのメジナの浮きに当たりはでる。しかし、
なかなか掛からない。投げサビキの方は、潮が速く、
浮きがあっという間に流されてしまった。
これでは、釣りにならない。

ワカシは諦めて、メジナ狙いに徹すると、当たりは物凄く多い。
ただ餌をくわえて、真下に突っ込むが、食いこまない様だ。
一瞬、浮きが勢いよく潜った。少し遊ばせると、コッパメジナが掛かった。
その後も当たりはあるが、食いこまない…。
さらに1匹釣れてしまったせいか、だんだん当たりもなくなっていった。
これを機に上がることにした。

今回得た教訓としては、西公園内でも
メジナが釣れるポイント、釣れないポイントあるという事。
後は当たり前だが、雨の日は釣りはやめておいたほうが良いという事にある。
次回に期待。

明日は大潮!

明日は大潮である。
東扇島西公園では、
午前中一杯で、水深が浅くなると思われる。
満潮は、5:42分である。干潮は、00:18。
これは、早朝の勝負となるだろう。

確実に釣れるメジナを狙うか、
それとも今釣れていると噂されているワカシを狙うか、
迷い所である。早朝のみの勝負となるため、
竿を2本出すのは、得策とは言えない。

明日現地でどちらにするか決めようと思う。
後は雨が降らなければいいが…。

函館へ行ってきました。

goryou

2泊3日で函館へ行ってきた。
あいにく2日間、小雨が降り、最終日のみ、
わずかに日差しが見えた程度だった。

今回は釣りを全く考えずに行ったので、釣りをしていない。
ただタクシーの運転手の方、2名に現地の釣りの様子を聞いてみたので、
その情報のみ記録しておきたい。

函館周辺で釣れるのは、
テトラの中を探って、カサゴ、ソイが釣れるという事。
またアイナメ、(アブラコと言ったかな?)、もいいらしい。
砂浜では、遠投してカレイが釣れるという事、
ハリスは太目にした方が良いとの事。
数週間前に、大人の身長の半分位のカレイだったか、
ヒラメだったか、が釣れたらしい。
本当の話なら、恐るべし北海道。巨大魚も目じゃないかも。

あと、面白いのは鮭だという事、函館から40分位、
車で行くと河口があるらしく、そこでウェ―ダーを着て、
河口の中に入り、釣るらしい、ハリスはナイロンだと8号。
ルアーでやると、最低でもキロ単位の鮭が釣れるという事。

その他では、イカ、これは夜釣りになり、
レンガ街の港で、入れ食いになる事も多々あるらしく、
水面に見えるイカを引っ掛けて釣るらしい。
うじゃうじゃ居るとの事でイカ好きにはたまらないだろう。

今回は、 実際に釣りをしたわけではないので、
どこまでが本当の話かどうか疑わしい。
しかし、大きな釣具店が国道沿いにあったので、
餌を購入し、コンパクトロッドを持って、
観光の合間に、カサゴなどを狙った
探り釣りは釣果を保障できそうだ。