FC2ブログ
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
アクセスカウンター
ポチッとお願いいたします。

エディット
バックナンバー

アジも少なくなってきました。

天気 晴れ


風 微風


場所 神奈川県某所


時間 5:00〜8:30


仕掛け トリック ハリス1.5号 針6号 下かご


潮 大潮


人 20人位


棚 底


釣果 アジ15cm前後4匹 海タナゴ20cm1匹 セイゴ20cm3匹


 



特にかわりばえのない釣行だった。


日が出る前に現地に到着。まだアジは釣れていない様子。


日が出始めてから、ポツポツとアジが上がりだす。


がしかし、あっという間に釣れなくなってしまった。


またコマセもワンブロックだけだったので、3時間程で終了してしまった。


 


周囲では、ルアーで太刀魚、イナダが上がっていた。


太刀魚が釣れているという情報はあったのだが、


実際見るのは初めてで、興味深々で釣り上げられた太刀魚を見ていた。


次回は、足元のアジの泳がせ釣りでイナダ、太刀魚狙いか。

スポンサーサイト



まさかの黒鯛!

天気 晴れ


風 微風


場所 神奈川県某所


時間 5:00〜9:30


仕掛け トリック ハリス1.5号 針6号 下かご


潮 長潮


人 20人位


棚 底


釣果 黒鯛48cm



 


アジ狙いで出動。夜が明ける前にトリックサビキを垂らしていたが、反応はない。 


たまにセイゴが餌を突っついている。しかし針に掛からない。


周囲でも釣れている様子はなく、今日はだめかと思っていた。


 


800頃か、突然大物の当たり、ドラグを緩め、魚を弱らせる。


ハリス1.5号で持つかどうか、ジーッ!ドラグが鳴り響く。


 


「竿をたてる!魚の先へ走る。走っている時もラインを緩めない。」


 


周囲の方から、アドバイスを受け奇跡的に釣り上げた黒鯛!


荒れた後の海は黒鯛に適しているようで、他の方も同サイズを上げていた。


 


釣りを初めて、黒鯛を釣ったのは初めて。


周囲で応援してくれた人、タモ入れをしてくれた人、ありがとうございます。


 


アジ狙いだったので大きなクーラーボックスがなく、バケツに凍ったペットボトルを入れ


ストリンガーから外し、ハラワタ、エラを取った黒鯛を入れて帰宅した。


 


コッパメジナ


天気 曇り時々小雨


風 微風


場所 東扇島西公園


時間 5:00〜7:30


仕掛け トリック ハリス1.5号 針6号 下かご


潮 小潮


人 20人位


棚 底


釣果 コッパメジナ、海タナゴ1匹、子メバル


 


朝マズメのアジ狙いで行ってきました。


まだ暗い内から竿を出せましたが、


コッパメジナが多く、アジの姿は見ることができませんでした。


雨がぽつぽつと降り始めたので即撤収しました。


(その後、止みましたが・・・。)


 


周囲では、小さなナブラが立っていました。


まだ青物いる事はいるんですね。


投げサビキをしている人もいました。


 

今後はアジ狙いか

天気 晴れ


風 微風


場所 神奈川県某所


時間 5:30〜9:00


仕掛け トリック ハリス1.5号 針6号 下かご


潮 大潮


人 20人位


棚 底から1m位


釣果 小アジ10匹 海タナゴ1匹 正体不明ばらし1回


 




今日は、アジを狙ってみた。運がよければ、大アジも。 


しかし、朝マズメに一瞬入れ食いになっただけで、


それ以後はほとんど釣れないという事となった。


 


諦めかけていたその時、ドラグを緩めておいた竿が、ジーっと唸っている。


針が小さいのか、結局何も掛からなかった。久々にトリックをやってみたが、


面白い。餌が付いているだけに、何が釣れるか分からないのも醍醐味だ。

西公園でソウダが釣れた!

天気 曇り時々晴れ


風 北風2〜4m(追い風で釣りやすい)


場所 西公園


時間 6:00〜11:00


仕掛け ハヤブサ ピンクスキン ハリス5号 針6号 (刺し餌付き、針2本カット、吹き流し)


     /トリック ハリス1.5号 針6号 下かご


潮 長潮


人 50人位


棚 3m


釣果 ソウダガツオ1本 バラシ1本 /トリック 海タナゴ、小メバル




 



雨の降る確率も低いし、風もないようなので、 


釣れなくてもいいや、のんびりしようと思って現地へと向かった。 


早速仕掛けを投入するが、いつものように当たりはない。 


何回か投げてみるが、無反応。


しばらくするとやっと浮きが消し込むが、何故か掛からない。


西公園の水深が浅いせいで、魚が食いあげることが多いのか。


よくあることである。こんなことは、日常茶飯事だ。


 


ここで思ったのが、吹き流し式のサビキ。


市販のサビキ仕掛けから、上2つを切ってしまう。


そして残った3本の針に付け餌をつける。


後は浮き止めの位置を仕掛けの分深くする。


投げた時に、からまる心配もほぼなくなり、


思いっきり投げられる。


 


しかし当たりはない。やはり青物は終盤か。


沈まない浮きを見ていても仕方ないので、


トリックで子メバルや海タナゴなどを釣って


モチベーションを高める。


 


とトリックに夢中になっていると、置き竿が持ってかれそうになっている。


直ぐに竿を持ってリールを巻くと、なんだか軽い。ばれたか。


手前まで持ってくると、30cmあるかないか位のソウダだった。


 


今月の某釣り雑誌に掲載されていた西公園。


記事通り運よくイナダなど釣れないかと思っていたが、とんでもなかった。


今回は、ソウダ1本、子メバル、海タナゴ多数という結果になってしまった。