FC2ブログ
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
検索フォーム
アクセスカウンター
ポチッとお願いいたします。

エディット
バックナンバー

やはりこの前はまぐれだったのか…。

今日もほとんど何も釣れませんでした。釣果は鉛筆アナゴ1匹でした。


気温は7度位、風は南東2m程度、19:00の時点でかなり寒く、そろそろ帰ろうかなと思う程。


結局20:00まで居ましたが。それは、電気浮きにモゾモゾっと当たりがあったためです。


もう今日はダメかなと思っていると、電気浮きがモゾっと少し潜り、誘いをかけると、


さらに深く潜りました。おそらくスズキだったのでしょう。しばらく誘いをかけたり、停めたりして


やりとりしていましたが、いっこうに食い込みません。この時期の大型のスズキは、


なかなか食い込まないと聞きます。いいかげん、しびれを切らしてしまいました。


上げてみると餌が半分なくなっていました。チョコチョコと食っていたのでしょう。


とても残念な結果となってしまいました。


16:00〜20:00 東扇島にて。


 

スポンサーサイト



釣果なし!

比較的暖かく風も弱そうだったので、東扇島へ行ってきました。


時間帯は、いつもどおりの16:00〜20:00です。


気温は9度、風は南風3〜4m位。


着いてみると、引き潮だったので、これはだめだなと思っていました。


結果やはりだめでした。テクトロでメバルの当たりはあったのですが、


針に掛からず、釣果なしとなってしまいました。


こうも当たりがないと、この前の当たり頻発が嘘のようでした。


今回は2号の磯竿で先端の方が、なるべく抵抗のない仕掛けにしたのですが、


メバルに餌を取られてしまい、フッコは掛かりませんでした。


 

夜の西公園

北風が強かったので、西公園へ行ってきました。


日が出ている間は、何も釣れないと思っているので、


夕暮れまで待ってからの釣行となりました。


日が暮れても何の当たりもなく、ボーっと電気浮きを眺めていました。


すると、中途半端に浮きが潜り、しばらくそのままにしておきました。


しばらくしてから上げてみると餌がちぎられていました。


もう一度同じ場所に投げてみるとまた、浮きが中途半端な状態になりました。


しかし、針には掛からず、正体は分かりませんでした。


多分、カサゴかと思われます。


その後は当たりもなく、寒さが増してきたので、帰宅しました。


16:00〜20:00西公園にて。

天気予報がはずれ…。

この前の当たり頻発!が嘘のように、当たりはほとんどありませんでした。


また、天気予報の風情報が、はずれ、東風6m〜8m位吹きつけ、


テクトロの当たりも分かりませんでした。体感気温も低く、6度位に感じました。


さらに電気浮きも遠くに飛ばせず、厳しい釣りとなってしまいました。


当たりがあったのは、テクトロのみで、フッコかメバルの良型だったのでしょう。


チョンチョンガツン!ときました。しかし針掛かりしませんでした。


風さえなければなあ。16:00〜20:00、東扇島でした。

やっと釣れました。

 



小さいですが、今年初めて、フッコを釣る事ができました!


おまけに良型メバルも釣れました。(あとアナゴも釣れてしまいました。)


気温は10度、南風が若干吹いていた程度、微風ですね。


魚の活性は高かったようで、垂らしの竿に4回程、スズキ、フッコの当たりがあり、


電気浮きにも良型メバルかフッコ、スズキの当たりが2回程当たりがありました。


やはり大きなサイズのフッコ、スズキは食いが渋いです。かろうじて電気浮きに食ってきたものの、


40cm前後のサイズ、もぞもぞと電気浮きが少し潜り、


しばらくして一気にグイッと赤く光る電気浮きが水中へと潜りこまれました。絶景でした。


その後、テクトロで際を探っていると、ラインが引っ張られる感触があり、そのまま誘いをかけると、


これまた一気に竿が持ってかれ、ドラグがジーと鳴りっぱなしになり、数十秒やりとりし、


タモを入れると、40cm前後のフッコ、でもこのサイズだとセイゴですかね〜。


メバルは、日没後すぐに電気浮きに当たりがあり素直に上がってきてくれました。



この時期は、垂らしよりも、テクトロ、電気浮きが、魚にとって抵抗圧力が少なく良いようです。


まだ釣れそうな気配でしたが、翌日仕事があるので、撤収しました。


東扇島17:30〜20:00まででした。

メモリ

メモリを取り付けました。


1度目は、奥までささらず、認識しませんでしたが、


少し力をいれて、斜めに差し込んだ所、カチッと音がし、認識しました。


後から知ったのですが、2GBを4GBにした所でそんなに情報処理スピードは変わらないということです。


ただフォトショップなど重いソフトを使う方は、メモリが多い方が良いみたいです。


 

暖かい日でしたが、

フッコ狙いでまた東扇島へ行ってきました。気温は10度、風は北5m程度。


釣具店の情報では、アナゴが釣れているとの事です。


フッコは、当たりがあっても、掛からないことが多いそうです。


対策としては、先端が、とても柔らかい竿を垂らしに使う事、錘はなるべく軽い物を使う事。


当たりがあったら、糸を少し出したり、戻したりして、誘う事などだそうです。


僕の釣り方では、竿からしてルアーロッドなので、無理なようです。


実際、当たりがありましたが、食いこまず、そのまま逃げてしまいました。


テクトロをしていたら、ゆっくりと糸が、引っ張られました。


何回か、竿先がオジギをし、しばら食い込むのを待ちましたが、やはりだめでした。


その後も、垂らしの竿の鈴がジャリンジャリンとなりましたが、テクトロをしていたので、


その場に居ず、誘いもかける事もできませんでした。魚はそのまま逃げてしまったようです。


春夏秋のように、がっつりと餌を食い込んでくれればいいのに、なかなかそうはいきませんね。


東扇島、16:00〜20:00でした。


 

しばらく行かないと言っていましたが...。

あまりに暖かいので、東扇島ポイントへ行ってしまいました。


時間帯は、17:00〜20:00までです。


風も弱く、南風4m程度、気温は、10度位だったでしょう。


電気浮きの遊動仕掛けと垂らしの竿、各1本、


それに釣具店で勧められたガン玉を付けただけの、ふかせっぽい物1本。


この時期魚が餌をなかなか飲み込まないので、なるべく抵抗の少ない仕掛けにするそうです。


まあいつもの通り、何の当たりもなく、時間だけが過ぎていきました。


途中、「なんか釣れた?」と年配のおじさんに声をかけられ、少し話しこんでいました。


かなり遠くのポイントですが、メバルを数釣っている人がいたそうで、フッコも掛かったそうです。


その後、ふかせの竿を持ってテクトロを繰り返していると、なんというか、ポンポンという当たり。


その後は食いこまず、餌を付け替え、電気浮きを投げなおしてました。


すると何と垂らしの竿に当たりが!鈴がチャリン、チャリンと軽くなりました。


この竿は、秋頃、フッコ釣りで活躍してくれましたが、竿先も硬く、錘も2号と抵抗があるので、


掛からないかなあと思っていました。竿先がゆっくり上下しました。間違いなく、フッコです。


やはりなかなか食い込みません。しかし、なんと僕は、しびれを切らして、リールを巻いてしまいました。


どうして巻いたのか、分かりませんが、とにかく少しイラッとしてしまったのが原因と思われます。


とても後悔しています。その後は、当たりもなく、まだ餌もあり、気温も高かったのですが、


当初の予定である20:00に上がりました。また、暖かい日と時間があったらリベンジしたいとも思います。