FC2ブログ
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
アクセスカウンター
ポチッとお願いいたします。

エディット
バックナンバー

そろそろサビキは終わりかな。

早朝はやはり寒いですね〜。
投げサビキ、まだしつこくやっています。
もう今年はやらないだろうと思っています。
何かが爆釣!となったら行くかも知れませんが。
あとは、少し夜釣りが気にはなっています。
今日は、子アジ、ワカサギサイズのイワシ1匹ずつでした。
サビキは期待薄でしょうね。ただ隣の方は、
トリックでアジが一瞬入れ食いになっていました。

川崎某所にて
6:30〜11:00
スポンサーサイト



仕掛けが あ〜。

やはりサバはもういないようです。
アジは居るようなのですが、食い上げてしまい、針に掛かりません。





いつもはそんなに根掛かりが気にならないのですが、
今日は、釣り始め30分くらいは根と格闘していました。
昨日買ってきたばかりの仕掛けや天秤、浮きなど投げサビキに必要な物、
全てロストしてしまいました。



今日の釣果は、カサゴ1、コノシロ2匹でした。
どちらも大して引かなかったので面白味はあまりありませんでした。
珍しく帰り道はほとんど渋滞らしい渋滞はなくサーと帰れました。

西公園にて
6:00〜10:30

the north face summit シリーズ

ノースフェイスのマウンテンジャケットですが、
結局Lサイズで納得がいくようになったので、売ったり、返品したりするのは止めました。

着ていく内に、シルエットの大きさも気にならなくなり、
ジャストより若干大きいかなと思う程度に見えました。(172cm68kg)
Tシャツの上に着ていてもこの時期なら、まだ暖かいです。
保温機能はあまり期待していなかったのですが、
goretex-proを使用しているせいか、かなり暖かいです。

ただ、定価50000円近くする物なので、
なかなか着る機会がありません。今は、水泳に行く時やちょっと買い物に行く時に
使用しています。ここまで高価な物でなくて良かったかなと思いますが、
10年位着れる物なので、まあ気長に使っていこうと思っています。

スノーフェアリー

エリザベス女王杯、この馬は強かった。英G1オークス、愛G1オークスを勝った馬、


スノーフェアリーは内ラチ沿いを一機に突き抜けてしまいました。


桜花賞、オークス、秋華賞を勝った3冠牝馬、アパパネは3着に敗れてしまいました。


2着には、絶対連に絡むと見ていたメイショウベルーガ、が直線ジワジワと足を伸ばし、


何とか4馬身差の2着に。牡馬相手に競馬をしてきたこの馬なりのベストをだせたのではないでしょうか。


ただ今回、日本馬の層が薄かったかもしれません。ブエナビスタやレッドデザイヤ、この2頭が


居たなら直線で叩きあいになったかもしれません。


スノーフェアエリーは不敵にも、ジャパンカップに出走するかもしれないとの事でした。


そうすると、ブエナ、レッドデザイヤとの対戦、楽しみです。


馬券は買いませんでしたが、外国馬の実力見せつけられました。


 

さっ竿が〜!


竿が見事に持ってかれました。かろうじて柵に引っかかっていましたが、


1秒か2秒差で海の中へドボーンでした。


考える暇もなく、直ぐにタモでリール部分に網を引っ掛け、静かに上げる事にしました。


全神経を集中し、ゆっくりと上げていくと何とか手に届く所まで持ち上げ、無事に回収できました。


ちょっと場所を離れている間の出来事でした。魚はちゃんと付いており、30cmちょいのサバが釣れました。


早朝には当たりが頻繁にあり、針には掛かりませんでしたが、子アジか、もしくはサバだったのではと思います。


食い上げている場合はどうもそのまま、ほったらかしておいて完全に浮きが潜るのを待ったほうが良いようです。


西公園にて


6:00〜10:00

休日の西公園

もう釣り納めじゃないのかと突っ込まれそうですが...。

休日の西公園、恐るべしです。
朝、5:30頃現地につきましたが、もはや釣りができるスペースはありませんでした。
このまま帰ろうかと思いましたが、少し歩いてスペースを探してみようと思いました。

すると、夜釣りをしていた方達が、帰り支度をはじめ、何とか投げサビキができるスペース
に入る事ができました。しばらくすると、「隣いいですか」と聞かれ、「ダメです。」とは言えず、
「大丈夫ですよ〜。」と言ってしまいました。

とはいうものの、その方は3本の竿を投げ釣りに使用し、
明らかに投げサビキができるスペースが狭くなりました。

ここまでは、想定内の事でしたが、今度は逆側に、家族連れ、多分2家族が入ってきました。
今度は、なにも言わず、狭いスペースに竿を5、6本出し、さらには足元のサビキを2,3本出していました。
これでもう万事休すです。

浮きを投げる事もままならなく、少し竿を減らしてくれませんかと言おうかと迷いましたが、
コマセも切れ始めていたので、そのまま手前の方に浮きを流していました。
小イワシ、小アジが掛かりますが、何ともつまらない釣りです。
結局、コマセがなくなり、撤収しました。

ここまでは、何ともグチばかりこぼしてしまいましたが、この時期にサバが釣れました。



岸から10m位投げた所でした。浮きがボコッと潜り、あっという間に、ドラグがジジジと鳴り始めました。
強い引きだったのでソウダガツオのでかいのかと思いましたが、上げてみてサバだと言う事を認識しました。
巻いてくる途中一瞬軽くなり焦りましたが、手前まで引き寄せると銀色の魚体が見え、
グイグイと3号の磯竿をしならせました。ゴマサバですかね。これから煮付けになると思います。
サバが釣れたから良かったものの、休日の西公園にはもうコリゴリです。お祭り連発だし。



さばいたこの時期にしては珍しい?貴重なサバ君です。35cm位でしょうかね。
今回は、1匹でも青物をと思っていたので嬉しかったです。
前回のサバと違って、とても元気が良く、よく引いてくれました。


西公園にて
6:00〜9:00

釣り納めかな。

 



早朝4:30頃目覚め、東扇島へ向かう。
釣具店では青物はほぼ終わったと言う事。
やってみなければわからないので、投げサビキの仕掛けを作り、
うすくらい中、10m位投げる。当たりはそこそこあるが、水深が浅い為か、
針に掛からない。なんでしょう?そんな中、浮きが斜めになったり、横になったり、
何か変だ。おそるおする合わせると何かがヒット!手前まで寄せると銀色の影が水中に見えた。
アオアジか?と思ったが、上げてみるとサッパの親分みたいなコノシロでした。
その後、最大干潮を向かえ、これ以上の釣果は望めないと思い撤退いたしました。

6:00〜10:00
西公園にて。

これで今年は釣り収めかな、
夜釣りのフッコもあまり興味がなくなってしまったし。